スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おししもついに・・・

先日、おししのワクチン注射のために病院に行きました。
おししは久々の病院なので、院長先生は念入りに触診してくれたんですが。

片足の付け根のお腹側あたりに、何やらしこりのような膨らみがあるとのこと。
んでもって、タマタマの左右の大きさがかなり違って、片側だけが膨らんでいること。
♂のわりにお乳が大きいので、余計なホルモン分泌の可能性あり。

これらから、精巣が腫瘍化している可能性がある、と言われました

確かに、おししのタマさんは昔っから左右均等ではなかったけど、改めてみると大きさの差がこんなにもなかったような。。。

ちゃんと調べた方がいいので、レントゲンや超音波をしっかりあてるため、調べる前に沈静をかけること、調査でリンパや他へ飛んで(転移して)しまっていたらそこで止めるけど、そうでなければそのまま麻酔に移行して去勢しますか?と聞かれました。
今までおしし健康体で特に切り取る理由が無かったから未去勢でしたが、腫瘍化の可能性や今後のことも考え、お願いしますという流れになりました。
正直、現状健康体そのものにしか見えないおししなだけに、可能性の話で判断するしかないんですよね。

ししはは、少し混同してしまっていたのですが、沈静はあくまでワンさんがぼーっとする程度で麻酔の手前状態、なので切ったりしたらすぐ覚醒してしまう状態です。麻酔は完全に意識が落ちる状態なので、切っても起きない深い状態、ってことですね。

検査&手術?当日、でっかい綿棒のような器具でおししのおしっこを採取後、朝からご飯抜きで不機嫌なおししを連れて病院へ。
まずは採血で、沈静や麻酔をかけるのに問題が無いかを中心に調べてもらいます。
おししの血管がデブでもないのに分かりにくいとかで、先生が四苦八苦したとかありましたが、おししはあいかわらず病院ではひたすらイイ子ちゃん。ヴウともワンとも何にも言いません。病院では模範生ですな。

おしっこ調査の結果から、どうも腎機能が低下気味(おしっこが薄い)でしたが、こちらは数回調べて要観察後に判断とのこと。

血液に問題はなく、沈静をかけて検査へ。
2時間後検査結果により、精巣が片側が腫瘍化して大きくなっており反対側の精巣が収縮して小さくなっていること、影の映り方から現状他へ飛んだりしていないこと、精巣の腫瘍が原因で下腹部の前立腺が肥大していること、などがわかり、迷う間もなくそのまま去勢してもらいました。

無事もろもろ終わり、夕方、もう覚醒して食欲もあるというおししを迎えに行けることになり、まず病院で1時間くらいかけて検査結果を詳細説明してもらいました。

レントゲンやエコー写真など、かなり大量の写真を40インチくらいのモニターで映しながらの説明。
で、「とった部位は現物見ますか?」と聞かれ、ししはははYESでしたが、旦那が「すくんで縮むからやめて!」とか何とか言ってる間に先生が「じゃあ写真で」とモニターにデカデカ写真が出ました。

※ここから先、グロ注意。
特に男性は読み飛ばし推奨(笑)





・・・現物の方が小さくてグロさマシだったんじゃね?
と突っ込みいれたかった。2個、上下に並んだ元おタマ。
さすがにあの画像を写メに残す勇気はなかった。私も結構チキンかもー。
ことばで表すと。
断面写真、フォアグラの中にフォアグラがあった。中のフォアグラが腫瘍。
ちょうど中央部にあったため、外側に出たりしてなかったのも幸いだったそうな。外に出ていたら悪性化や転移もしやすいようで。



その他、おししの各関節などの骨の状態については褒められました。
およそ9歳のコギさんにしては摩耗がほぼなく、良い生活環境の中で過ごしているのがわかる、と。
腰や前足の肩などもくっきりきれいな関節だと。
ただ、後ろ足の股関節は、コギさんの特徴を考えてみても関節はかなり浅いほうだそうで。
今は後ろ足にしっかり筋肉がついていて、関節をがっちり保護しているので問題はないが、今後加齢とともに後ろ足に影響が出やすいのは間違いない、とのこと。
先生がびっくりするくらい、お腹周りの脂肪もなく体型は理想的なんだそうな。
いまだに初見の他人様からは「まあ、よー肥えて」と言われますけどね!

ほか気になったのは、肉球の色や足裏の毛の茶色沈着からみて、おそらくおししアレルギー持ちであること。
本犬がかきむしるほどの酷さではないが、肉球はよく舐めていたのでは?と聞かれました。
・・・よく舐める、というほど舐めてはいないけど、過去2度ほど右前脚を舐めまくって血を出したことはあった。。。
特に何アレルギーかと調査はしない(調べても大体項目出過ぎて意味なし)けれど、可能性があることを意識して食べ物を与えたり様子を見てあげるようにしてください、と。

おししの病院要らずの健康さに胡坐をかいていたのかもしれん。油断は禁物!と改めて心に刻みましたよ。
今回のことも、もし何らかの症状が出るまで気づかず進行していたら、どんな恐ろしい事態になっていたことか。

検査&手術当日はそんな感じで過ぎてゆき、あとは病理検査に出して詳細の結果待ちです。


とにかく、手術日以降ご機嫌斜め&テンション低目の獅子丸先輩を気遣いつつ、早く元気に春のお散歩に行けるように体調管理に励みましょう。
もちろん、後輩犬ジンもね。

病院前のデッキでたそがれ風味のおしし

theme : ペットの健康・病気・怪我
genre : ペット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ししはは

Author:ししはは
Corgi:獅子丸(おしし)

甘えんぼコーギーと親バカの日常をつらつら書いております♪

おししのHP「おししのへや」

大好きなミシンで犬リードやマナーポーチを作っています。
ぜひ覗いてみてくださいませ☆
ハンドメイド Dog Goods Shop  *Siegfried*ジークフリート

最近の記事
最近のコメント
Ranking
にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへにほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています!
励みになりますのでポチッ♪とよろしくです~


リンク
いくつかな?
*script by KT*
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム
お問い合わせ&ご意見はお気軽にどうぞ(^_^)

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。